カーワックスはロウを主に使っており、ガラスコーティングは科学的に硬化する材料や石英などを使っています。

全く似ても似つかないものを使っているのです。そして大きな違いは持続期間にあります。カーワックスは二ヶ月が最長であるのに対してガラスコーティングは3年が最長です。たまに5年持つといわれているものもあります。

また、使いやすさの違いもあります。カーワックスは付けたあとにしばらく置いて乾燥してから拭き取りをしなければいけません。しかしあまりにも長く置いてしまいますと取れなくなってしまいます。そうなりますと汚くなるので少しずつしていかなければいけないのです。それに対してガラスコーティングは乾かすという手間がないのがいいところです。

作業中の乾かす手間がなく、拭き取りが終わってから乾かすことになりますのですごく簡単なのです。あまりムラになることはありません。カーワックスとガラスコーティングは似ているようで全く違ったものなのです。

もしもカーワックスを今まで使って来て他のものはあまり使いたくないと思っている方でも一度ガラスコーティングを使って見るといいかもしれません。洗車を幾度も重ねてもなかなか艶が無くらないのでかなり感動するかと思います。

コストの面でも実はガラスコーティングのほうが安くつくのです。一回塗布する材料費はガラスコーティングのほういが高いものの、三年間艶を維持するための費用はコーティング剤のほうが安くなるからです。

車の景観に大きく影響する存在といえば水垢があります。これは雨などが降った後晴れて雨が乾燥し、雨の水溜りがあった部分の筋や型などが残ってしまうことです。これは雨の中に含まれている成分によってできているそうで、一度水垢が出来てしまいますとなかなか洗車をしてもきれいに取れないのです。

一見きれいになったように見えても乾燥するとまだ水垢が残っていることも多いのです。これを防ぐためにカーワックスやガラスコーティングを行うのですが、どちらのほうがいいのでしょうか。

どちらも水垢を防ぐことが出来ますが、それは効力のある間だけなのです。カーワックスの場合は油膜によって水垢が付着するのを防いでくれます。それに対してガラスコーティングのほうはガラスの膜を作ることによって防ぐのですが、持続するのはガラスコーティングのほうなのです。

カーワックスのほうも確かに脂分によって雨などをはじいてくれるのですが、それも段々と取れてしまいます。

また何度も塗り返すことによって効果を持たせることができますがもしもカーワックスをするのを忘れてしまいますと水垢がついてしまうのです。そうなりますとまたきれいに洗車をしてからカーワックスの塗りこみをしなければいけなくなります。

ですので水垢のことで悩んでいるのでしたらガラスコーティングのほうを利用するようにしてください。実際にガラスコーティングを利用した方の乾燥などを見てみますとどれだけ効果があるのかが分かります。

車のボディをダメージや汚れから守り、艶を与えてかっこよく見せるためにカーワックスを定期的に行っている方は多いでしょう。ですが、1、2か月ごとにカーワックスを塗り直さなければならない手間にうんざりしてしまったことはありませんか。できることなら効果が長持ちして、もっと愛車をかっこよく演出できて、それでいて簡単な方法はないだろうか、そんな方にはガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティングはカーワックスよりも強力な艶を出せるのが特徴で、それだけでなく小さな傷を目立たなくする効果や、汚れを付きにくくする効果が期待できます。

ガラスコーティングの特徴や仕上がりは知っているけれどカーワックスより難しいのでは、業者に頼む費用が心配、という方も多いかもしれませんが、実はご自分でも簡単に施すことができます。

ガラスコーティングを業者に頼むと、5万円から10万円程度の費用がかかります。失敗せずに手間なく仕上げることができますが、もっと安く簡単に行うならコーティング剤を使って自分で行うことも可能です。通販でも、塗りやすく専用のスポンジやクロスでむらなく仕上げられるコーティング剤が販売されていて、予算は1万円前後とお手頃です。カーワックスを塗るのと変わらない手間で行えて、しかも長持ちするので、今まで車のケアにあてていた時間を今後は有効に使うことができます

カーワックスが面倒だな、と感じたら気軽に、ガラスコーティングを試してみてはいかがでしょうか。

ガラスコーティング剤とカーワックスとどちらのほうが価格では優れているのでしょうか。単純に販売しているときの価格で見てみますとワックスの場合は一回の使いきりではなく、数回分使える容量で販売されていますが、一度きりの使いきりのガラスコーティング剤よりかなり安く販売されています。

数分の一くらいの価格になっているのです。これだけ見てみますとカーワックスのほうが経済性が高いように見えるのですが実はそうでもないのです。

というのもカーワックスの場合は一度塗りこんでもまたすぐに取れてしまうからなのです。半ねりのものの場合ですと一ヶ月程度で固形のものの場合で二ヶ月程度とされています。しかしこれは環境にもより違いがありますので、もっと早く効果がなくなることもあるのです。それに対してガラスコーティングの場合はどれだけの間持続するのかというと、何と三年近く持続するのです。

ということは固形のカーワックスよりも18倍も持続するということになります。半ねりと比べますと36倍も持続するのです。そうなりますとカーワックスのほう価格が安くてもガラスコーティングのほうがコスト的にはかなり安いということになります。ですので本当に節約をしたいと思っているのでしたらカーワックスよりもガラスコーティングのほうがいいということなのです。

また、その間ガラスコーティング剤を使っている場合は水洗いだけでいいようになりますので洗剤に掛かるコストも削減できます。

愛車のお手入れをするのに、特にカーワックスが苦手な方は多いと思います。カーワックスは固形で、塗っていくのに結構力もかかります。

拭きとっていくのも時間がかかりますから、女性ドライバーは特に面倒に思う方がいらっしゃるのではないでしょうか。そして、苦労してカーワックスをかけたのに、終わったあとの満足度がそんなに高くないという声も聞かれます。

しかも、定期的にカーワックスをかけなければいけなかったり、お手入れに手間もコストもかかります。そこで、オススメなのが、液体のガラスコーティング剤です。使い方はとても簡単です。まず始めに、車のボディについている、水垢や汚れを拭きとります。次に、ガラスコーティング剤専用のスポンジに少量のガラスコーティングの液体を染み込ませて、ボディに塗っていきます。塗り終わったらすぐに、ガラスコーティング剤付属の専用クロスで乾拭きして終了というお手軽さです。

これなら、カーワックスだと苦手という女性も簡単にお手入れができるのではないでしょうか。液体なので、カーワックスのように、ゴテゴテ、ヌメッとした感覚もないですし、スーッっと馴染み扱いやすいのが、非常に使いやすいポイントです。

また、なんと言っても魅力なのが、1度塗ってしまえば3年間ノーワックスで洗車の回数も減らせることです。また、ガラスコーティング剤はボディの色を生かしてピカピカに輝くので、その効果に驚かれることでしょう。ガラスコーティング剤はカーワックスより手軽に愛車のお手入れができて、そのあとの洗車も減らせて、何より愛車が輝くほど美しくなる。嬉しいことばかりです。さあ、液体のガラスコーティング剤を試してみませんか?

ガラスコーティングはカーワックスと比較した場合、比べ物にならないほどの耐久性を持っています。これは何故なのかというとガラスコーティングというのは上にガラスをかぶせているようなものだからなのです。

ガラスはなかなか雨風にさらされただけは取れませんのでかなりの高い耐久性を持っているのです。そしてガラスはかなり硬くそれも耐久性に大きく影響しているのです。それに対してカーワックスというのは油分によって艶を出しているだけなのです。

ですので雨などによって簡単に取れてしまいます。実際に環境が悪い場合はほんの数日程度で取れてしまう可能性もあるのです。また塗りこみ方が悪いとそもそも艶が出ないのも問題点です。ちなみにガラスコーティングの耐久性は他のコーティング剤と比べてもかなり高く、何と三年間も続くといわれているのです。勿論これもメーカーによる違いがありますが、数日で取れる可能性のあるカーワックスとの差は歴然です。

カーワックスを付けるときにはかなり時間もかかりますが、ガラスコーティングは塗りこみにはさほど時間がかかりません。カーワックスのように何度も何度も力を入れてごしごしとする必要も無いからです。またガラスコーティングには思わぬ耐久性もあります。

それはキズから守ってくれるところです。大きくこすった場合は別なのですが小さなキズからガラスの皮膜がボディーを守ってくれるのです。また紫外線からも守ってくれます。非常に耐久性が高いのです。

ガラスコーティングとカーワックス、最近売れ筋なのはどちらなのでしょうか。車の手入れグッズと言えばカーワックスが定番で売れ筋商品といえばカーワックスが殆どを占めていましたが、最近になりガラスコーティングを使う人もかなり多くなってきました。

カーワックスのような手間が掛からず簡単に塗布できることが人気なのですが、やはり実際に使っている方の評価が高いからなのです。

ですのでその評価が広まり、カーワックスが独占だった市場を脅かしているのです。ガラスコーティングは使いやすく人気も高く、売れ筋商品はより長持ちしますので注目してみてください。ちなみにガラスコーティングの売れ筋の商品はどのようなところが評価されているのかというと、長持ちすることは当然のことなのですが、保証がついており、艶が持続することに責任を持ってもらえるというところ、そして艶が120パーセント増すものもあり、くすみもなくしてくれます。売れ筋商品にはそれなりの理由があるので注目をしてみてください。

カーワックスの売れ筋商品といえば最近注目されているのはシートになっており、一枚だけでピカピカになるというものです。

一般的なワックスに比べてかなり使いやすいところが特徴です。ただ使いやすくなっているというだけのことであり、艶の持続期間が長いというわけではありません。

売れ筋商品一つ比較してみてもガラスコーティングのほうがいいものだということが分かります。

ガラスコーティング剤やカーワックスには人気の高い商品があります。人気の高いものの場合ですと多くの人が利用しているということもあり、多くのレビューをみることができますし、決して見逃すことが出来ません。

ですのでもしもガラスコーティングやカーワックスを購入したいと思っているのでしたら人気商品に注目をしてみてください。

ちなみにカーワックスとガラスコーティングは同時に使うことが出来ません。カーワックスをしたあとにガラスコーティングをすることも出来ませんし、逆にガラスコーティングをした後にカーワックスを使うこともできません。

ですのでどちらにするのかを決めなければいけないのです。もしも迷ったときにはガラスコーティングにしてください。というのもガラスコーティングは経済的だからです。大体どのような商品でも使い切りサイズになっています。ですので長期間残してしまい、劣化して使えなくなってしまったということがありません。

無駄が一切ないのです。そして効き目もかなり長いですのでカーワックスのように頻繁に塗りこみをする必要もありません。

このようなことを総合的に考えてみますとやはりガラスコーティングのほうがいいということになります。人気のコーティング剤を見つけて使ってもらいたいのですが、必ず長持ちするものを見つけてください。

そして水洗いだけの手入れでいいようなものがお奨めです。これならワックスのような余計な手間が掛かりません。

ガラスコーティング剤を選ぶにしてもカーワックスを選ぶにしても、それぞれ最強のものを選ばなければいけません。

というのも質の悪いものを使ってしまいますと持続時間が短くなりますし、使い勝手も悪いですし、下手をすると逆に汚くなってしまう可能性もあるのです。ですのでそれぞれを比較して最強のものを見つけてください。カーワックスの中で最強と呼ばれるものは天然のロウを使っているものです。

これを使うことにより美しい艶が出ますし、紫外線から車も守ってくれるのです。一方ガラスコーティング剤の中で最強と呼ばれるものは何と効果が三年も続くといわれていますし、さらに紫外線への耐性は勿論のこと、乾燥などからも車を守ってくれるのです。暑さ寒さにより車は劣化してしまいがちですが、ガラスコーティングでそれらを防ぐことができるのです。そして最強のカーワックスとガラスコーティングを比較した場合、どちらが優れているのかというと、ガラスコーティングのほうになります。

カーワックスが優れているのは購入するときの価格くらいです。しかし全体的にトータルで考えてみますと実はガラスコーティングのほうがコスト的には有利ということになります。持続性や紫外線への体制などを比べてみてもやはりカーワックスよりもガラスコーティングのほうがいいのです。もしもカーワックスを購入して車をきれいにしたいと思っているのでしたらガラスコーティングに注目するべきです。

カーワックスとガラスコーティングと比べたときに洗車に強いのはどちらのほうなのでしょうか。

カーワックスを塗りこんで洗車をすると必ずワックスがけをしなければいけません。というのはカーワックスは洗車によって取れてしまうからなのです。洗車剤も色々なものがありますが。頑固な油分などを取ってくれるタイプのものが販売されており、これを使うとワックスが取れてしまうのです。

ですので車を洗うたびにまたカーワックスをつけなければいけません。それに対してガラスコーティング剤の場合でしたら一度ガラスコーティングをしていますと後でガラスコーティングを再び塗布する必要がありません。

前回にガラスコーティングをした時から数えてまだガラスコーティングの耐久期間に入っているのでしたら必要ありません。三年の耐久期間を持つもので、前回したのが三年前でしたら洗車をしたあとに塗布をしてください。

大体一般的には洗車をする頻度というのは一ヶ月か二ヶ月程度になっています。カーワックスの耐久性は大体一ヶ月か二ヶ月と大体洗車の頻度と同じくらいですので、同時に行わなければいけないのです。その結果洗車すべての工程が終わるまでにはかなりの時間がかかってしまうのです。

ただ、中にはカーシャンプーで研磨剤の入っているものがあります。しつこい水垢を取ってくれるものもあるのですが、これはガラスコーティングをした車には使わないようにしてもらいたいです。取れてしまうからです。